フォトブックを作った

同人誌を作らなくなってしばらく経ちましたが、先日息子のフォトブックを作ったらものすごく楽しかったです。
3ヶ月の時と、1歳の誕生日で1冊ずつ作りました。よくフォトブックサービスで見かけるハードカバーとかではなく、A5サイズの本当にふつーーーのフルカラー同人誌的なやつ。

仕事の合間に入稿用データを作ったりして大変でしたが、同人誌(?)作るのめちゃめちゃ楽しいなーーーー!!!と改めて。

いつか本に纏めるかも?とか皮算用をして自分の絵もほとんど印刷サイズで描いているので、いままでに描いたお気に入りの絵をまとめて自分用に本を作るのもいいかなぁなんて思ってます。

1冊目と2冊目で別のサービスを使ったので覚書がわりに以下印刷してみての感想など。


1冊目(Dreampage)
PCのDL版編集ソフト使用。
写真のレイアウトテンプレが多くて便利。
フォトブック専用サービスなので標準仕様でケースがついてるのは嬉しい。
奥付にサービス名の記載をするのがNGだそう。
編集ソフト側での補正を(おそらく)挟むので、できあがりの色味などが私には予測できず不安がありました。

2冊目(グラフィック/オンデマンド)
同人誌を作るようにPhotoshopでデータ作成。ページ内に複数枚の配置はほとんどなかったのですが、多く配置したページはクリスタのコマ割りテンプレを使いました。
なんというか、安心感がものすごかったです…そういえばグラフィックは見開きでデータを作成するようになったんですかね?見開きで作業してたんで大丈夫だったんですが、1Pずつ入稿するところでした…危ない。
余部がついてくることをすっかり忘れ、在庫を数冊抱えております…
(息子が遊んでいるので余部があって良かったかもしれない)

0